4日目朝!情報!

■鶴竜
3日目の北勝富士戦で初黒星を喫した際に右足を痛め4日目より休場。
休場は、途中から休んだ5月の夏場所に続き、今年に入って3度目と不振が続いている。
通算7度目。4日目に対戦が組まれていた小結嘉風は不戦勝。
3月の春場所から17年ぶりに4横綱となったが、3場所続けて全員の皆勤は実現しなかった。

■栃ノ心
稀勢の里をねじ伏せ、15年春場所で日馬富士を破って以来の金星に胸を張った。
支度部屋では開口一番「ヨッシャー、やった。気持ちいいね」と喜び爆発。
右を絞って相手に左を差させずに万全の寄り切り。
結びでの金星は初めてで「座布団が舞ったのも初めて。うれしかった」と何度も感動をかみしめていた。

■北勝富士
横綱初挑戦で初金星を挙げた。
勝ち名乗りを受けた後、土俵下で「新十両を決めて以来」という、うれし泣き。
立ち合いから突き押しに徹し、「ガムシャラだった。引かせるしかない、と。どんぴしゃではまった。最高にうれしい。鳥肌が立った」と会心の相撲を振り返った。
15場所目の初金星は、幕下付け出しを除く年6場所制では、小錦に次いで大砂嵐と並ぶ史上2位のスピード記録。
日本出身力士では最速となった。