初日情報!

■稀勢の里
8日、現時点での力士別指定懸賞の本数について、稀勢の里が300本でトップであることを明らかにした。
2番手は高安で132本。以下、豪栄道の103本、御嶽海が102本、白鵬が99本で続く。
15日間の懸賞総数は1700本を超える見込みで、名古屋場所としては過去最多になることが確実。
今年3月の春場所でマークした地方場所最多の1707本を超える可能性もある。