7日目朝情報!

■白鵬
1年ぶりの優勝を目指す白鵬が人気の遠藤を一蹴した。
左張りで突き放し、相手の動きを冷静に見極めて押し出し。
20発近い張り手も見舞う厳しい相撲での盤石の6連勝に「まわしを取れるのに越したことはないけど、立ち合いがよかった。その流れで勢いをつけて最後までいった」と涼しい顔で話した。

■豪栄道
成長株の御嶽海と五分の立ち合いから、最後は土俵際で豪快な下手投げを決め、相手の体を裏返し4勝2敗とした。
春場所休場の原因となった右足首の故障も問題はなさそうだ。
白星を2つ先行させて「順調に来ていると思います。本場所の土俵で相撲をとって、勘が戻っていくのが1番いい」。
調子が上向きになっていることを感じてか、言葉は力強かった。

■玉鷲
大関取りに挑む高安に今場所初めて土をつけた。
過去6勝6敗と五分の関脇同士。
大関の座を射止めんとする相手に「そういうことは、あとの話。相撲を取る前は勝負(の雰囲気)を楽しんだよ」。
相手のかちあげをはじき飛ばして一気に前進し、わずか2秒後に押し出した。

■阿武咲
新入幕阿武咲が、初日の黒星発進後、2日目から5連勝。
全勝の両横綱を1差で追う、1敗力士3人の中に割って入った。