場所後月曜の朝!情報!

■稀勢の里
千秋楽2敗だった新横綱稀勢の里が、1敗で単独首位にいた照ノ富士を本割と優勝決定戦で続けて破り、劇的な逆転。
2場所連続2度目の制覇を果たした。
直接対決で本割、決定戦を連勝して逆転優勝したのは2002年初場所の栃東以来。
新横綱の優勝は1995年初場所の貴乃花以来、22年ぶり8人目。

■白鵬
26日、千秋楽パーティー後の取材で、新横綱稀勢の里の逆転優勝をたたえ「感動しました。4横綱になって新横綱が引っ張ってくれた。いいものを見せてもらって気合が入った」と話した。
稀勢の里がけがを押して出場したことについては「ここまで来たんだから(出る)というのがあったんだろう。無理はしたと思う」と心中を察した。
白鵬自身のけがについては「なかなか痛みが取れない」と述べた。
4月の春巡業の前半は休場する意向で、回復を優先させる方針を示した。

■御嶽海
14日目に三役で初めての勝ち越しを決めていた御嶽海は26日、栃煌山と対戦。
引き落としで勝ち、9勝6敗として三役2場所目を終えた。
休場者を除いた3横綱、1大関には一人も勝てなかったものの、三役同士の玉鷲、正代に2勝。
平幕6人にも取りこぼさなかった。