12日目朝!情報!

■稀勢の里
3度目の結びの一番は嘉風に動き回られて苦戦しながら、送り出しで勝って11戦全勝とした。
15日制定着後の1949年夏場所以降では大鵬、隆の里、貴乃花に続く新横綱優勝が見えてきた。
初優勝からの連続優勝は15日制では千代ノ山と朝青龍しか達成していない。
その2つを成し遂げれば、15日制以前の双葉山以来となる。

■高安
鶴竜の上手出し投げに屈して、初黒星。
支度部屋では無言を貫き、最後まで口を開くことはなかった。
全勝Vなら大関昇進のムードも高まっていたが、審判部長の二所ノ関親方は「1敗したからね」とトーンダウン。
12日目は横綱日馬富士に挑戦する。

※先頭力士

全勝
稀勢の里

1敗
照ノ富士 / 高安 / 栃煌山