13日目近況!

■豪栄道
13日目の20日、右足首付近の負傷により休場することになった。
19日、遠藤との一番に突き落としで敗れ、8勝4敗となり、取組のあと「右の足首をひねった」と話し、国技館を去る時には付け人の肩を借りないと歩けなかった様子。
境川親方は20日朝、「相撲を取らせられる状態じゃない」と話し、休場させる意向を明らかにした。
豪栄道のけがによる休場は、おととしの夏場所以来4回目となる。

■琴奨菊
12日目の19日、玉鷲に敗れて8敗目を喫し、2場所連続での負け越しが決まったため、大関から陥落することになった。
3月の春場所は関脇で臨むことになる。